スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラドックス13(東野 圭吾)

パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾



天は自ら助くる者を助く

何が起こるかは分からない。けれど、確実に何かが起こる13秒の世界。
政府が極秘で調査を行ったその事象。
日本時間3月13日、13時13分13秒。
それからの13秒間、世界は何事も起こらずやり過ごさねばならなかった。
しかし、刑事である久我誠哉と、その弟冬樹は中国人強盗集団の捜査が大詰めを迎えていた。
逃走を図る犯人たちを迎え撃つ二人。
しかし誠哉が先に撃たれ、冬樹にも犯人の向けた銃口が。
その時世界は一変した。
先ほどまで周りにいた全ての人間が消えてしまい、相次ぐ地震により東京の街は崩壊した。
その世界で出会えたのはたった13名の人間のみ。
「世界が変われば善悪も変わる」
崩壊した東京を舞台にした究極の人間ドラマ。



東野圭吾さんの新作です。
今回はミステリというよりは少しSF的な要素も加わっています。
けれど、はっきりSF作品とはいえない妙なリアリティもあって・・・・・・。
かなりの厚さがある本ですが、短期間で一気に読み終えることが出来た作品です。

完膚なきまでに崩壊した東京という街に、消えてしまった人間たち。
人類の終わりの地獄絵図のような姿ですが、そこに老若男女13名の人間が生き残ります。
今の生活の基盤である電気や交通機関といった移動手段、そして整備された道路など、人の手によってつくられたありとあらゆるものが使用不可能になってしまいます。
読みながら、もしそれらのもの全てが無くなってしまったらと考えただけでもぞっとします。
電気があって、街があって人がいて当たり前の世界にすっかり慣れきってしまっていますから。。。

そんな13人の中心になるのは捜査一課のエリート刑事・誠哉と、その弟で所轄の刑事である冬樹。
誠哉はその知識とリーダー性から集団の指揮をとり、皆を崩壊した街からどう過ごしていくかをリードしていきます。
彼の発言は的を得た発言が多く、なるほどなと思ったことも一度や二度ではありません。
そんな出来の良い兄にコンプレックスを持つ冬樹。

彼ら以外にも、女子高生や看護士、訳有りな様子の母子や老夫婦など、様々な人間が世界から残されていました。
メインの久我兄弟のみならず、母子や老夫婦、そして会社の上司と部下など、意外と顔見知りが多いのが妙にひっかかっていたのですが、それが何故なのか、後半には明らかになります。

世界が13人のみになった後も繰り返し起こる地震や豪雨のため、彼らは耐震設備の整った総理官邸を目指します。
もちろん道路は度重なる地震によって陥没しているため、整備された綺麗な道を歩くようにはいきません。
総理官邸を目指すまでのストーリー、そして善悪の区別については非常に楽しく読みました。

人間が13人しかいない以上、今までの法律や善悪の区別は変わっていく。
そのことを考えないといけない出来事が次から次へと起こっていくのです。
皆が生き残るために一番大切なことは何か。
時には自分の意見ではなく、集団としての考えを優先しなければならないのか。
片方から見れば悪なことも、もう一方の視点から見たら善に転じる。
そんな世界観にぐいぐい嵌って読んでしまいました。

ただ、総理官邸にたどり着いてから皆の意識にバラつきが生じます。
あらゆる事象を想定し建てられた官邸の中は快適そのもの。
ここへ来るまでの過酷な道のりを思えば、ここを離れることなど考えられないのです。
しかし現実には食料の問題や、地震による地盤の陥没により、生きていくためには更なる移動をしなければならない状況に。
そして何故、彼らだけが消えずに残ったのか、その絶望的な理由も知るところになります。

その時、兄である誠哉が提案したこと。
それはひとつの村を作り、自給自足、そして繁栄のための子作りを行うことだったのです。
正直、女性としては彼の意見に素直に賛成出来る話ではないかと思います。
いくら非常事態とはいえ、今までの世界での考え方というのは根付いています。
それは誠哉自身が、戸田に対し、そして冬樹に語って聞かせたこと。
いくら村をつくり繁栄させるためとは言え、到底納得できることではないと思います。

ここから、話はちょっと方向を転換したかな・・・という風に感じました。
東野さん独特の生々しさみたいなものが垣間見え始めたというか。
そういうのが無くて、ちょっとホッとしていた時だったので、それは残念でした。

結末までの展開は怒涛の勢いでした。
ただ、こうするしかなかったのかな・・・と思うとなんだか残念です。


スポンサーサイト
     

コメント

No title

どんどんキャラクターに感情移入。
読み始めたら途中でやめることができませんでした。
トラックバックさせていただきました。

藍色さん。

私はどちらかというと、この世界に自分が入ったらどんなだろうとか、そんなことばかり考えながら読んでしまいました(笑)
トラックバック、こちらからはまとめて送らせていただきますね。
Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パラドックス13 東野圭吾

運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。 陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。 破壊されていく東京に残されたのはわずか13...
     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。