FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分解日記 光二郎備忘ファイル(大山 淳子)



機械は部品ひとつひとつに役割があって、錆びると故障してしまう。
家族もひとりひとりに人生があって、感謝を忘れるとぎくしゃくしてしまう。
そんなときは分解しよう。
ていねいに磨いて戻せば、機械は動く。
家族にもまた、笑顔が戻る。


二宮光二郎、七十五歳、趣味は分解。
光二郎は、家出中に公園のベンチでうたた寝をしていた。目が覚めると、右手には血のついたカマを持ち、目の前には男が倒れている。
孫の“かける”と“ひかり”は、光二郎逮捕の知らせを聞き仰天。
“じいちゃん”を救うために、警察署へと急ぐ。果たして犯人は?
前代未聞のヒーロー登場!?



『猫弁』シリーズの著者・大山淳子さんの新作は、なんと分解が趣味の元理科教師・二宮光二郎氏が主役のライトミステリ。
根っからの研究者タイプといいますか、何でも分解してまた組み立てたがる。
しかも集中すると周りの声も聞こえなくなる。
壊れたものを直してくれるのはありがたいけど、そうでないものも分解されて使用不可能にされてしまうとちょっと困りもの。
(今回の分解対象は故障したもののみでしたが)
光二郎さんのそんな趣味に一番振り回されているのは、同居している息子嫁の雪絵さん。
専業主婦なので、一緒にいる時間が一番長いのですね。
ある日切れてしまった雪絵さんの言葉で家出してしまった光二郎さん。
夏真っ盛り、公園のベンチでうたた寝(半分意識朦朧?)して目が覚めると、血のついたカマを持ち、目の前に男の人が倒れていたからさあ大変。
身に覚えのない罪と真犯人を探すため暴走(?)する光二郎さん。
相棒(いや助手?)は浪人生の孫・かける君です。
果たして二人は真犯人を見つけられるのか?

帯に「新シリーズ始動!」とあるからには、これは第1作目ということになるのでしょうか。
だからか、今回は正直、軸になる事件はあれど、どのキャラもお披露目という感じが強く出ています。
そうでなさそうなのは、かける君くらいでしょうか(笑)
謎めいた伏線もちらほら見られますね。
そういったところは『猫弁』を彷彿とさせます。
表紙もカスヤナガトさんですしね。

軸となる二宮ファミリーも、ユニークな家族です。
一家の主婦である雪絵さん。視点となる役割も多かったせいか、今回は孫の“ひかり”よりも目立っていたような気がします。
そして最後にちらっと顔見せ登場の光二郎さんの息子の福太郎さん。
出番が本当に少なかったので、どんな人となりなのかはあまり分からず、です。
そして早くに世を去ってしまった光二郎さんの妻・元子さん。
故人ですが、ななんと幽霊として登場。
大山さんの作品に欠かせない存在として、猫がいます。
今回ももちろん登場。二宮家のペットとして、白ネコ“斎藤さん”がいます。
実はこの斎藤さんに、元子さんが憑いているのでは…という疑惑が私にはあります。

二宮ファミリー以外の登場人物に、警察関係者がいます。
たたき上げの女刑事・君鳥さんと、エリート刑事の頭野さん。
(どちらも私のPCでは一発変換できません)
どちらも刑事ですが、彼らがレギュラーだとすると、光二郎さんはこの先も刑事事件に巻き込まれていくのでしょうか。
頭野さんは若きエリートでイケメン、という設定。
父親だか親戚筋だかにお偉いさんがいる、というまことしやかな噂があります。
が、君鳥さんの思い当たる筋には頭野という人物はいない、とも。
そして君鳥さんの同期の交通課婦警さんとのやり取り。
殉職した旦那さんの見舞金として差し出された200万。
花さんの「それとも」の後には一体何が続くはずだったんでしょうか。
ただのエリート坊ちゃんではなさそうな彼。その正体がこの巻の一番の謎でした。

ちなみに二宮家のひかりは、この頭野さんに対し「恋に落ちた」とされています。
かけるに向かっての「絶対ゲットする」発言は、頭野さんのことなのかな。
実は個人的には君鳥さん押しの私です。
叩き上げの先輩女刑事と、謎のエリート坊ちゃん刑事。
この組み合わせいいじゃないですかw

今回の事件のキーになるシルバー人材センター。
そこの会員も関係者もワケありな人が多くいます。
光二郎さんが会員になって繋がりができたわけですし、今後彼らの面がクローズアップするかもしれませんね。

そして!
そのセンターの近くにある喫茶店。
そこのウエイターですが、この彼って『猫弁』で百瀬たちがよく会っていたカフェのマスターではないですか!?
思わぬ『猫弁』との繋がりを発見した気分です。
ただ今『猫弁』を貸してしまっているため、確認できないのが残念ですが。。。
ううん、そうだといいんだけどなあ。

家族って、一緒の家に住んでいる者だけがそう呼ばれる訳ではないと思うんです。
なので光二郎さんが二宮家を出て別の場所に住んでも、家族は家族です。
でも、いつか当たり前に一緒に暮らす。
その日がくると思っています。
それまでの光二郎さんを、忘備録を通して見ていきたいです。


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。