スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら翼といわれても 前篇(米澤 穂信)



夏休み直前、古典部のメンバーが部室に集まったが、千反田えるの様子が少しおかしい――。
そして始まる夏休み。
市が主催する合唱祭に出演することになっていた千反田が、姿を消したのだ。
出演時間までまだ間があるとはいえ、ソロパートを任されていた千反田がいなくなったことが問題に。
伊原に連絡を受け、折木は千反田の行方を追うが――。



古典部久々の雑誌掲載は、前後編でした。
今回は前篇です。
雑誌のお話なので、感想は以下の「続きを読む」からにします。




今回は二年生の夏休み直前から初日。
一年前といえば、ちょうど「氷菓」の謎に向き合っていた時期です。
…あれ、一年前なのか。。。
実際との時間差、ギャップにくらくらします(笑)

それはさておき。
今回の謎は二点になるでしょうか。
すなわち、

千反田えるは、どこへ行ったのか?
千反田えるは、なぜ集合時間に来なかったのか?

ですね。
二点目は、正確には一度来ておきながら、どうして抜け出したのか?
とも言えそうです。
正直、最初のどこへ、は分かりません。
千反田が文化会館へ行く時に茜色の傘を持っていたという描写があります。
そして控室の傘立てには入れられていなかった。
傘を持って出た、ということなので、文化会館の中ではなく、外へ出たのだろう…と予想できるくらいですね。
ただこれは、折木が里志に駅の路線図とバスの時刻表を持ってきてもらったことからも、文化会館の外に出たという風に読めます。

問題は、なぜ、の部分でしょうか。
実はこのお話、始まりは千反田の語り手で始まっています。
自室で合唱祭で歌う曲の練習をしていた最中、父親に呼び出される。
千反田はその時、知ることが何か恐ろしい気持ちになった。
あまり良い話でないのだろうことが伺えます。
そして古典部の部室。
千反田はそこで千反田が進路案内の本を見ていたのを目撃します。
これらのこと、そして合間に挟まれる描写から、千反田は進路の変更をする可能性が出てきたのではないでしょうか。

千反田の進路といえば、いわずもがな、家業を継ぐことです。
里志曰く「豪農」千反田家。
千反田はそこの一人娘。
大学へ進学してもいずれ神山に戻り、家業を継ぐのだと以前折木に話していました。
その進路が揺らいでいる、もしくは家業そのものが危機に瀕している。
そんなところかな、と思います。
だとすると、タイトル「いまさら翼といわれても」にも納得がいきます。
自由に羽ばたいても良い、と言われても…という戸惑い。

また、古典部の部室での一説。伊原が遭遇したやたら甘いコーヒーのことです。
これらのお話も何かの伏線かな? とも思うのですが、まるで想像がつきません。

千反田は一体どこへ行ったのか。
折木は千反田を見つけるのか。そこでどんな会話がなされるのか。
後篇がとても楽しみです。


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。