FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天堂家物語 1(斎藤 けん)



「蘭。死ぬ時は俺を守って死ね」

天堂家令息・雅人に嫁いだ伯爵令嬢・鳳城蘭は偽物だった。
生きては出られぬという天堂家を恐れた蘭の身代わりを自ら申し出たという娘は、「人を助けて死にたい」と言う。
レトロラブロマン開幕。



レトロは分かる。
…しかし、ラブ? ロマン??
ひと言で申し上げるなら、
ふたり共、病んでるなあ…

という感じ(笑)
主人公は、自分の名を持たぬ捨て子で、山で育ての親のじっちゃんと過ごしていた少女。
じっちゃんの遺言(?)で「困っている人がいたら身をなげうってでも助けろ」と言われ、伯爵令嬢を助け身代わりになった。
そこで出会ったのが次期天堂家跡継ぎ・雅人。
早々に偽物と見抜かれたものの、雅人に気に入られ(?)天堂家に留まることに。
そこで目にしたのは、周りは敵だらけで孤独に戦う雅人の姿で…。

というのも、どうやら雅人はお妾さんとの子のようなのです。
正式な跡取りは雅人の父親の貴人。しかし彼は既に故人です。
他の親族の反応を見るに、どうやらこの人は皆に慕われていたのかな?
だけど正式な結婚をせずに雅人を設けたようです。
操叔母様という人が、雅人の後援になっているようですが、この人も怖い…。
実の兄(?)を必要以上に慕っていそうな感じがします。
雅人のマトモな味方は、書生の立花さんだけって感じかな。

そんな中天堂家に単身乗り込んできた少女。
名が無いので、作中ではそのまま“蘭”と呼ばれています。
結局伯爵令嬢の件はどうなったのかしら。
蘭は親族お披露目後も度々山に帰っていて、雅人と天堂家に戻る戻らないと問答を続けていたわけですが。
今後も伯爵令嬢の身代わりを続けるのかなー。

というのも、雅人が思いの外蘭を気に入っているようなのです。
その気に入り方がむしろ怖い。
執着、というのがぴったりで、恋情という感じじゃないのです。
だから「ラブロマン」と言われてもピンとこない(笑)
蘭のこだわりは、じっちゃんと過ごした山の家と畑。
それらが大切で心配だから、早く天堂家から出たがっていたのです。
なので、その執着を自分へと向けたい雅人は、なんと蘭を町に連れ出している間に家と畑を焼くという暴挙に…!
燃えさかるそれらを見せつけて、自分を憎むように仕向ける雅人。
そこまでするか…?
と同時に、何故素直に自分を好きになってもらおうとせず、憎むように仕向けるのだ…と思ってしまいます。
うーん、多分それが彼の育った環境なんだろうなあ…とは思うのですけど。
あの家庭環境でマトモに愛情かけられて育った感じしないものなあ。。。

でも、一見雅人に隠れていますが、蘭の闇っぷりも大したものだと思います。
じっちゃんと、そして死への執着が。
自害しようにも失敗したことから、じっちゃんの遺言を思い出し、誰かを助けて死にたいと願う少女…。
明るく元気そうに見えて、誰よりも死に執着しているのは蘭です。
その点、雅人は自分のやるべき事のため、生きることを強く望んでいるので対照的です。
この巻の最後で、天堂家に戻ることになった蘭。
その顔は笑顔ではありますが、

じっちゃん 早くじっちゃんに会いたいです

というモノローグ。
じっちゃんに早く会いたい…ということは…。
不穏!
そして蘭を拾い育てたじっちゃんも謎の人。
身を守る体術・棒術・弓術、そして薬法蘇生法…。
普通の隠居老人ではなさそう。
あと、蘭が身代わりになった伯爵令嬢も行方知れずとのこと。
居所がはっきりしない人は、いつか姿を現すような気がします。伏線的な。

中身はややコメディを織り交ぜたシリアス。
どちらかというと黒斎藤さんかな。
同時にAneLaLaでも『かわいいひと』を連載中ですが、こちらは純度100%のラブコメです。
両極端!
表紙も蘭のお着物を始め、和の花柄がモダンですが、裏表紙はより華やかで美しいです。
これだけ見ると、まさかお話がこんな…とは思わないかも(笑)
さて、次は購入したLaLaDXの方も読もうかな。
読んだら先日感想を書いたDXの方にも感想を付け足す予定です。


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。