スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の守り人 来訪編 (上橋菜穂子)



〈神の子〉か? それとも〈災いの子〉か?
女用心棒バルサは逡巡の末、人買いの手から幼い兄妹を助けてしまう。
ふたりには恐ろしい秘密が隠されていた。
ロタ王国を揺るがす力を秘めた少女アスラを巡り、〈猟犬〉と呼ばれる呪術師たちが動き出す。
タンダの身を案じながらも、アスラを守って逃げるバルサ。
追いすがる〈猟犬〉たち。
バルサは幼い頃から培った逃亡の技と経験を頼りに、陰謀と裏切りの闇の中をひたすら駆け抜ける!



虚空の旅人』を読んで以降、もっと早く読むつもりだったのに、なんやかやと今になってしまいました。
でも、期待通りやっぱり面白いー!
という「守り人」シリーズ。今回はシリーズ初の上下巻です。

お話は『夢の守り人』の続き、という感じ。
そのお話の中で怪我を負ったタンダに付き添っていたバルサ。
しかし根っからの旅人であるバルサは、放浪の旅が恋しく思えてきた。
その最中、タンダが提案した市へ二人して出かける…という、なんとも平穏な日々。
ですが、バルサにはなかなか平穏な日常は長続きしません。
というのも、バルサはその市で人飼いに攫われたと思しき兄妹を発見したのです。
その場では見過ごしたものの、この兄妹には秘密があり、妹のアスラの身には<神>と思しき存在が憑いていた。
その力を、アスラはバルサたちも泊まる宿で発揮してしまい、行きがかり上バルサはアスラを保護しその場から逃げることになってしまうのでした。

今回大きく関わるのはロタ王国。
『虚空の旅人』でも存在感を見せた王の治める国です。
話ごとにひとつの国と王族が大きくクローズアップされるのは、『十二国記』シリーズと似通った感じがありますね。
今回はロタ王国と、その成り立ちが明かされることとなりそうです。
代々伝えられてきた国の成り立ちと、真実とは大きなくい違いがありそうなのは、どの国も同じなのでしょうか。
ところで今回、話の中にサンガル王国が新王の即位式がある、と出ていました。
ということは、この「神の守り人」は、『虚空の旅人』の前後のお話ということになるのでしょうか。
だとすると、同じ時期にロタとサンガルという二つの国で、国の存続を揺るがす大きな出来事が同時に起こったことになります。
どちらももしかすると、キーになっているのは南のタルシュ帝国…なのでしょうか。
タルシュ帝国は、ロタにも南の港をひとつ開港するよう持ちかけているという話です。
サンガルの島守りたちを唆したように、南の大領主たちもタルシュ帝国に甘言で惑わされているのでは…。
そんな予感がひしひしとします。
ロタ王国では今後ひと波乱ありそうですね。

そして気になることがもうひとつ。
ロタ国王の弟・イーハンは昔、ロタに住む<タルの民>という民族の娘と恋仲になったようなのです。
しかしその娘はある日突然姿を消した、と。
どうも、年数などを見るに、その娘はアスラとチキサの母親なのではないかなあ…という気がします。
二人の母トリーシアは、禁忌を犯して二人の目の前で処刑されてしまいました。
そこから、そもそもこのお話は始まっているのですが…。
トリーシアは何故、イーハンの前から姿を消したのか。
そして何故、<タルの民>の中でも禁忌となるタルハマヤを復活させようとしたのか。
ある時、急に人が変わったようになった…というのも気になります。
流石にアスラとチキサは、イーハンの子ではないでしょうが…。
それ以外に気になることがたくさん。

思がけず逃げる旅をすることになったバルサですが、その格好よさは相変わらずです。
追跡者を撒く姿もそうですが、やはり一番は護衛の口入れ屋での腕試し、でしょうか。
一見やり過ぎのように見える相手への仕打ちも、冷静に今一番適切な対処を行う。
そういうプロ然とした姿は本当に格好いい。
だけどタンダといる時は穏やかで。
この二人には早く穏やかな時が続く日々を取り戻して欲しいような、でも、やっぱり冒険をまだまだ見たいような(笑)
タンダにはもう少し我慢してもらうしかないでしょうかw

捕らわれのタンダとチキサを助けるため、伝言にあったジダン祭儀場へと向かうバルサたち。
ですが、この伝言を寄越したと思ったスファルはそれを知らなかった。
じゃあ誰が…と思ったら、スファルの娘・シハナが自分の思惑通りに駒を進め出しました。
彼女の策略かー。
スファルたちカシャル<死の猟犬>にも、こうやって足並みに狂いが出ているよう。
というか、全体的に皆足並みが狂い始めたことがこの騒動に繋がっているのでしょうね。
ロタ王国の在り方。カシャルの手。タル・クマーダ<陰の司祭>と、ラマウ<仕える者>たち…。

もしカシャルの手から無事逃れても、アスラたちの今後はどうなるのか。
やはりタルハマヤは危険な存在だとすると、それを宿したままのアスラは普通に町で暮らしていけるのか…。
今回マーサさんにまた戻ってきて商人になる術を教えてもらう約束を交わしましたけど、そんな日がやってくるのか…。
うー。
気になることもり沢山なので、早速続きを読もうと思います。


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。