スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレンジドラゴン 全3巻(石原ケイコ)



「あなたを理解もせず疎む者など放っておきなさい。私はあなたが良いの」

奪われた王位を取り戻す為、王女・火花は100年前に天に去ったと言われる白龍を探す旅に出る。
手がかりの龍の宮跡で出会ったのは、人嫌いで素気ない…でも不器用で照れ屋なイサラ。
彼は赤い姿を忌み嫌われ、地上に置き去りにされた変種の龍だった!
火花はイサラと心を交わし、彼を守護龍に出来るのか?
そして王位を取り戻せるのか!?
姫と異端の龍のドラゴンファンタジー。



個人的に応援している作家さんである石原ケイコさんの連載。
全3巻完結です。
応援している、という割に長く積読状態でしたが…。
いやでもちゃんと本屋さんで購入してましたからね…!
購入は応援なのです。

それはともかく。
こちらはLaLa本誌で連載していたので、雑誌でも読む機会がなくいた作品です。
時折ブログを読んでは、3回連載だったものが回数を重ねて連載になったことも知っています。
最初はお試し、だったんだろうなー。
で、好評につき連載再開、という。
何はともあれ、現在石原さんの作品の中では最長記録です。めでたい。
じき、今の連載作品が追い抜きそうですが。
それもまためでたい。

今回の作品は異世界ファンタジーです。
雰囲気は中国っぽいかなあ。帯では「中華ファンタジー」ですね。
王家があり、王に高貴なる白龍が従うことが一種の箔づけとなる世界。
主人公の火花は、叔父に王位を奪われた異国の血が混じる姫君。
その為伝説の白龍を味方につけようと旅する先でイサラと出会います。
実はイサラは変種で群れから置いていかれた赤龍で…。

主人公は火花…ってことでいいのかな。
お姫様です(おい
正当な跡取りであるにもかかわらず、幼い時に代理で王位に就いた叔父にそのまま玉座を奪われてしまいます。
異国の血が入り髪の色も珍しい銀…ということで、強く権利を主張出来ず、伝説の白龍を求めるのでした。
見掛けは可愛らしく、話し言葉も基本丁寧。
見掛けはあちこち柔らかいのですが、芯はある女の子です。
作中では杏仁豆腐に例えられていました(笑)
分からないでもない。でも杏仁豆腐が固いのにキュンとくる、というのは分からない…。
ふるっふるの柔らかいのが好みです(笑)
一国の姫という立場であるにも関わらず、供もつけずに龍を探す旅をする火花。
そんな彼女にシャタが「女王様ってそんなにいいものなの?」と訊ねるのですが、それに対し
「いいですよ。守れるものが増えます」
と答えるのです。
それは国であり有能な部下であり、そして民…。
自分の力で、自分が守っていきたいという彼女の意思を感じます。
とはいえまだ17歳の彼女は知らないこと・分からないことがたくさん。
自分の祖先の王や先代の王の愚行によって失われた信頼や、深い溝にも向き合わなければなりません。
しかし何事にもしなやかに、柔らかく、かといって己を曲げすぎず対峙する火花の姿勢には応援したくなります。
本当に石原さんは敷かれたレールから上手く外れつつ自分らしく進んでいく女の子を描くのが上手いなあ。
いっつもヒロインを応援したくなってしまいます(笑)

そしてイサラ。
異端の赤龍…なのではありますが。
普段は人の姿をしています。
そして御年111歳です…。
が、長らく引きこもり生活で人に対する免疫がなく、かなりの照れ屋さんでもあるという…w
彼をして石原さんが「照れ顔は正義」と名言(?)を仰いましたが、それくらい赤面率高かったと思います(笑)
ヒロインよりヒロインだった…w
びっくりなのが、111歳の彼が作中最年長でないということ!
120歳の現役がおりました。しかも人間。
なんという長寿(が沢山の)漫画なんでしょう。

あと可愛かったのがシャタですかねー。
彼も人間の男の子ですが、親に捨てられてイサラに助けられ、助手のように彼の傍にいます。
石原さんの人物紹介文で
「4年共に暮らした自分より、ポッと出の女に心を奪われるような師匠でも健気に応援する、そんな男の子」
とあって(笑)
確かにそれは人間出来ているよなーとしか言いようがないw
あと機転も利く。
イサラが初めて民の前に龍の姿で現れた時、戸惑う群衆の中で最初に
「綺麗だ!」
と声をあげたのはシャタですよね。
この第一声で、人々の赤龍への印象が大きく変わったと思います。
そうでなかったら火花の女王誕生も困難だったはず。
かーなーり、大きな働きをしているのですよね。火花たちの与り知らぬところで。
数年後にはお嫁さんもくるそうですが、どんな女の子だったのかなー。
見てみたかった!
そしてその時にはかなり本人イケメンになっておりましたw

他にも魅力的な登場人物は多数いるのですが、中でも印象的なのはやっぱりアミでしょうか。
正真正銘、本物の白龍です。
一族の中でも優秀で、本来なら王の守護龍になれる能力の持ち主。
しかし国は愚王続きだったため、その役に就くことはなかったという、ある意味不遇の龍なのかな。
この見た目の自分の一人称が「アミ」だった為…見事に騙されました、ええ。
そんな思い出深いキャラです(笑)

全3巻一気読みでした。はー、満足。
1巻ずつ先の展開を予想妄想しながら読むのも楽しいですが、完結した作品を一気に読めるというのもまた満足感があります。
今さらではありますが、石原先生お疲れさまでした!
次の作品は…どうしましょう。
今2巻まで発売しているのですよね…。
まだ手にしていないのですが、今から読んでしまうか、それともこちらも完結してからの一気読みか…。
とりあえず、次は他の積読本か、他に完結した作品を読もうかなw
はっ、でも石原さんのブログにて、『ストレンジドラゴン』の番外編収録とのこと…!
うむむ…(悩)


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。