スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ授賞式の夕べに 成風堂書店事件メモ邂逅編(大崎 梢)



「数人の発案から始まり、多くの人の協力を得て続いている賞です。みんなで守っていくしかないんじゃないですか。規模が小さければ起きなかった問題が大きくなれば起きる。でも大きくなったからこそ、読者に届いた本もありますよ。後戻りできない道を、書店大賞も、その関係者も歩いているんだと思います」

今日は年に一度のイベント、書店大賞授賞式の日。
成風堂に勤める杏子と多絵は、初めての授賞式参加とあって、華やいだ気分でいっぱいだ。
ところが朝の業務を終えて出かけようという矢先に、福岡の書店員・花乃が「書店の謎を解く名探偵」に会いに成風堂を訪れる。
書店大賞事務局に届いた不審なFAXの謎を名探偵に解いてほしいというのだ。
<成風堂書店事件メモ>と<出版社営業・井辻智紀の業務日誌>、両シリーズのキャラクターが勢ぞろい!
書店員の最も忙しい一日を描く、本格書店ミステリ。



大崎梢さんの代表作といったら、本屋限定探偵の多絵ちゃんと杏子さんがいる成風堂書店シリーズ、そして新人営業マンの井辻くん。
全く異なるこの2作が、今回同じ本の中で出会うという、ファンには嬉しいこの趣向!
とうとう杏子さんと多絵ちゃんが、井辻くんと出会うんだ!
しかもテーマは「書店大賞」…つまりは、本屋大賞となれば期待感は高まるばかり。
考えてみれば、本屋大賞は知名度こそ高いものの、賞としてはまだ歴史が浅い。
そのせいか、本屋や出版社が舞台の作品でもクローズアップしている作品ってありません。
少なくとも私は知らないです。
今回、今まで知らなかったこの賞についての舞台裏が色々見られ、改めて考える機会になったような気がします。

本屋大賞についての私の意見は、他の作品だったか日記だったかで以前も書いたことがあります。
・既に充分話題になっている作品が多数ノミネートされ、その中から大賞になっている。
・埋もれていた名作を知るための賞だと思っていたのに。
そして近年だと、上下巻の作品が三年連続受賞になった時は
・また上下巻? そりゃそちらの方が本屋さん的にはいいのかもしれないけど
って感じでしょうか。

しかし、本屋大賞が注目されるにつれ、参加規模はどんどん大きくなっていく。
本屋大賞の参加資格というのは、単純に書店員であること。
雇用形態は正社員でも契約社員でもパート・アルバイトどれでもOK。
もちろん基本は皆本好きで、わざわざ参加するということは手間をかけるということ。
しかし日々どれだけの本を読んでいるかは人それぞれ。
くまなく読んだうえで熟考し投じた1票も、時間が無く限られた中から選んだ1票も、1票は1票として等しく扱われる。
規模が大きくなればなる程、知名度が高い作品が有利になってしまうのは如何せん仕方ないこと。

それにふと思ったのは、知名度が高いとはいえ、結局それってどれくらいの人が知っているんだろう? と。
この作品の中に、
「本なら自分で選べる。買える。横からごちゃごちゃ言わないでほしい」
という、アンチ書店大賞派が出てきます。
でも、そうはっきり言える人、「自分で選べる」と言い切れる人って、実際どれだけいるのでしょう。
世は情報社会。
自分で出版社のサイトにアクセスして新刊情報を得たりすることは容易いです。
優秀だと言われる、Amazonの購入閲覧履歴からのおすすめ情報もあります。
しかし、それはどちらも自分から「積極的に」情報を得ようという姿勢が必要になります。
得た情報の中から読む本を選ぶには、自分の好みを多少でも知らなくてはなりません。
それにはある程度の読書経験も必要です。
繰り返しになりますが、約1億3千万人の中で、それを満たすのは一体どれくらいの割合?

その現状に危機感を覚えたからこそ、賞の企画者たちは、少ないパイを書店同士で取り合うのではなく、パイそのものを大きくする必要があると考えた。
一部の本好きが皆知っているだけではなく、普段本を読まない人でも、その書名が知られるように。
だからこそ杏子さんの
「文句を言うだけでなく、自分たちにできることをやってみようと声をあげる人たちがいて、書店大賞が始まりました。やれば何か言われるけど、あれが悪い、これがまずいと、必ず非難する人は出てくるけれど、でも、やることを選んだ。私は大切なことだと思います。頑張ろうと決めて、ほんとうに頑張る。ぜったい、簡単ではないですから」
という言葉が胸にずしっときます。
動かなければ非難はされない。でも、現状は何も変わらないまま。
それよりは何か言われるかもしれないけど、動いてみる。
…そう、そうなんだよなあ。。。
今年の私はちょっとばかりその必要性があって、一歩踏み出すことの難しさも、だからこその大切さもしみじみ感じています。
ああもう、本屋大賞のことで文句を言うことも、斜めに見ることも絶対やめよう。
今年の本屋大賞は、ノミネートから真っ新な気持ちで見ようと思います(笑)

当初の目標は恐らく現実のものとなり、今最も売り上げにつながる賞となった本屋大賞。
本屋さんが選ぶ賞ですし、全国からの投票ですから、あまり出版社の影というのは考えたことはありませんでした。
でも、ノミネートされただけで増刷がかかる。
大賞を受賞したら大きく売り上げる。しかも、以前は軒並み映像化というメディア展開までがお約束でした。
そりゃあ出版社からしても、無視できない存在ですよねえ。
ノミネートされる為の出版社の呼びかけというのも、もしかしたら本当にあるのかな…と。
ただこれも難しい問題ですよね。
“お願い”だけなら、決して反則行動ではない。
だって営業さんが自社の本を読んで欲しい、売り場に置いて欲しいというのは、真っ当な仕事内容ですもん。
東京からわざわざ自分の住む地域にまで営業に来て本を薦めてくれる出版社がいたら、その心掛けがまず嬉しいだろうし、印象によってはそこの本の扱いも良くするだろうなあ。
私は地方に住んでいるので、よりそう思います。
書店員ではないので、実際どうなのか知りませんけれど(笑)
でも全国チェーンの大型書店ならまだしも、この地方にしかない小さなチェーンとかは東京から営業くるとは思えないんですよねえ。
とはいえ、投票にお金をちらつかせたら完全アウトですけど。

書店大賞の事務局に寄せられた不審なFAX。
そこから推察される書店大賞の妨害を防ぐため奔走するキャラたち。
杏子さん・多絵ちゃんたち成風堂チームと、井辻くんたち営業チームが交互に描かれ、それぞれの側面から見えてくる事実があります。
ただ、二つのシリーズがひとつに合わさるし、それぞれに情報提供者が複数いる訳ですから、とにかく登場人物が多い(笑)
キャラを覚えるのが苦手な私はパニック寸前でしたw
それに、黒幕と実行犯の関係性も、今ひとつしっくりこなかったんだよなー。
ただ脅されたとあるけど、そこをもうちょっと掘り下げてくれないと、なんで従ってしまったのか。二人はどうしてそういう関係になってしまったのか分からなくて、もやもやします。

杏子さんと、真柴さんが顔見知りというのもへえ、です。
真柴さん、成風堂の担当なのかー。
逆に井辻くんは初対面なんですよね。
うーん、また今度この組み合わせでお話読んでみたいなあ。
もちろん真柴さんでも可、です(笑)

本屋大賞についての知らなかったこと、薀蓄が読めて楽しかったですし、色々考えさせられるところもありました。
作品の中では書店大賞ですが、実態はそのまま本屋大賞のことだと思って読んでいます。
次は成風堂メンバーと井辻くんたち営業さんが、ずっと一緒に行動しながら謎を追う、コラボレーション第2弾とか。
そういうのも期待したいですw


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。