FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は隠れ家でケーキを(杉本 晶子)



女子高生の百(もも)は、双子の弟そっくりの男っぽい外見を気にしている。
ある日新しい洋菓子店を見つけるが、若い男性店主はなぜか百に冷たい。
どうやらその店は、女性客お断りの「男性限定パティスリー」らしい。
店主の小林に邪険にされながらも、店が気になる百。
百は、小さい頃母親が自分だけに作った「おいしくないバースデーケーキ」のことがひっかかっていて…。



私の好きな小説のジャンルに、「お仕事小説」があります。
その中でも好きな職業は、出版社や本屋さんを舞台とした、本に関わる仕事。
そして、パティシエやショコラティエ、和菓子屋さんなどの菓子職人系です。
今回の小説も舞台はパティスリー。
読んでいてとてもわくわくしましたw

主人公の百は女子高生。
出だしは春になって、少し今までとはイメージを変えたくて訪れた美容室で、信じられないくらい髪を短くカットされてしまうところから。
元々男顔に加え、双子の弟がいる百。
しかも弟は地元じゃちょっとした有名人であることから、落ち込みが更に増すのです。
私も数年前、美容師さんと意思疎通がうまくいかず、相当カットされたトラウマがあるので、もうこの出だしで百に共感しまくりです(笑)
あれって本当に筆舌尽くしがたいショックなんですよね…。

落ち込んだ帰り道、百は足を怪我した小林さんと店先で出会い、ちょっとした手伝いをします。
そこでお礼にと貰ったのがクッキー。
その美味しさに、翌日お礼に再訪したところ、女子であることが分かり邪険にされます。
どうも小林さんは女嫌いのよう。
そんな時お店の常連客と出くわし、そこが「男性限定」のパティスリーであること、更に個人の事情に合わせたケーキを作ってくれるお店であることを知るのです。
そこで百は小林さんの怪我が治るまでのアルバイト志願をし、更に自身の気になるケーキの再現をお願いするのです。

百の記憶にひっかかっているケーキ。
それは母親が焼いてくれる白いケーキでした。
双子なのですが、何故か百と弟のケーキは別で、百のケーキのみ、スポンジも白くパサついたものだったのです。
ひょんな時に弟のケーキを食べたところ、自分のものとは全く違う美味しさに驚き、もしかしたら自分は嫌われているのでは…という疑惑すら抱く。
なんせ弟は近所でも評判の美少年、そして書道で抜群の成績を修める出来の良い子なのです。
ケーキは母親の手作りであることから、小林さんに再現をお願いし、わだかまりを解きたい。
百の必死の説得と脅迫(笑)に、渋々引き受ける小林さん。
そして見事に再現されたのでした。
何故百のケーキは苦くパサついていたのか。
そして6歳の誕生日になにがあったのか。

そこから垣間見える百の家庭環境が、このお話全体に散りばめられています。
キーパーソンはお父さんです。
百の家庭は両親と双子の弟の四人家族。
しかし6歳の誕生日に起きた出来事がきっかけで、百やお母さん、それとお父さんの間でボタンの掛け違いが始まります。
小林さんのケーキやアルバイトでの経験を元に、少しずつ父親に歩み寄る百。
しかし、ひとつ上手くいってもそれで全てが上手く回るようになるわけじゃなく、また次の掛け違いが起こる。
これってリアルだなあと思います。
思っていることを伝えて、ようやく意思の疎通ができたかと思えば、また別のことですれ違う。
根本的に考え方が異なるんでしょうね。
それにひとつひとつ向き合うのはエネルギーが要ります。
「あなたは優しいけど、優しくない」
ってお母さんがお父さんに言った言葉、物凄く的確だなあ…。

そしてびっくりなのが、小林さんまさかのバツイチ!
「男性限定パティスリー」には、スイーツ好き男子のための他に、小林さんの個人的事情もあったのか。。。
ヒロイン女子高生、相手役は成人男性(バツイチ)。
少女小説寄りのレーベルでこの組み合わせはなかなかないですよね。
新鮮というか斬新というか…。
思いがけない百の家庭背景と、最後の小林さんの爆弾告白の印象が強く、あまりケーキの事が印象にないのが残念といえば残念(笑)
でもこれは個人的には仕方ないかなあ。
とはいえ、最初に作った白いケーキ、「四月のスノーホワイトケーキ」とか、想像するだけでも美味しそうですがw
お値段1ピースで千円には大いにビビリますけど。
自腹ではなかなか買えないわ~…。

表紙は『俺物語!』でお馴染みアルコさんw
よく知っている絵なので、読んでいる最中も頭の中でアルコさんのイラストがくるくる想像できました。
巻末には作中登場したケーキのうち、白いケーキとバターケーキのレシピが掲載されています。
普段ケーキは混ぜて焼くだけ、というものしか作らないので、こんなに細かく手間暇かかったケーキのレシピは眩暈が…。
私の周りにも小林さんが欲しいw
この本が出て半年以上が経ちますが、続編はまだ発売されていません。
少なくとも来月まではなさそう…。
ラストに「もしかしたら女子禁制が解かれる未来はそう遠くないのかもしれない」とありますが、もし続きが出たとしても個人的にはこのまま男性限定でいて欲しいな。
作中のスイーツ好き男子のためにも、そこは譲らないで欲しいなあ。


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。