スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるかしら書店(ヨシタケシンスケ)



「ちょっとヘンな本ってあるかしら?」
「これなんてどうかしら!」
いよいよ「本の時代」がやってくる?
『りんごかもしれない』の絵本作家・ヨシタケシンスケが描く妄想書店、本日開店!



言わずと知れた大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの最新作。
これは…子ども向けの絵本というよりは大人向けの絵本といった趣。
まず大きさが絵本っぽくない。
普通の単行本といわれる本よりはちょっと大きくて、どちらかというと子ども向け文学作品くらいのサイズ感。
でも中を見ると、ヨシタケさんの字がいっぱい。
おまけに漢字にルビもふられていない。
小学校低学年以下の子には難しそうです。

舞台はとある町の本屋さん。
しかも、「本にまつわる本」専門店というから面白い。
そこには一人のおじさんが。
このおじさんに「○○についての本ってあるかしら?」と聞くと、たいてい「ありますよ!」と言って本を出してくれる。
云わばブックコンシェルジュみたいな人ですね。
またその風貌が、いつもにこにこ笑顔でなんとも穏やか。
怯えず安心して相談出来そうな人の好さそうな風貌。
そしてヨシタケさんの作品全般に言える事ではありますが、言葉遣いがとってもチャーミング!
男性も女性も、老いも若きも、みーんな「○○かしら?」って言うんです!
「いいかしら?」「あるかしら?」「どうかしら?」
それをヨシタケさんの、ちょっとゆる~い感じのイラストで話すものだからもうたまりません!
可愛すぎる!!

そしてこのおじさん、見た目のゆる~い感じとは裏腹に、相当敏腕なコンシェルジュです。
来店されたお客様の要望にたちまち複数の本を「どうかしら」って提供するんですから。
その本の中身がまたユニーク!
本当に、ヨシタケさんの頭の中ってどうなっているのかしら。
ヨシタケさんの本を読むたびに、自分の思考の幅の狭さに気づかされます。
だって私、「本が好き」って聞いたら絶対「本を読むのが好き」なんだなってしか思いませんもん。
まさか匂いをかぐのが好きとか、しおりをチューチューするのが好きとか…(笑)
そんな発想持ち合わせていなかったです…w

色んな本や本にまつわる話(創作)が紹介されていましたが、その中でもいいな~と思ったのは
しかけ絵本の中の「ほめ出す絵本」(ほめられたい!・笑)
ロマンを感じるのはやっぱり水中図書館。
図書館の中をボートで渡るページは「ジブリか!」っていうくらい素敵な空間。
とにかく天井が高いからそのままでは届かない。しかし下は湖なので水に浸かった本はもう読めない。
一種の時限装置ですよね。
どれだけあるとも知れない膨大な数の中から、今読めるのはその中の一握り。
そして最上階にあるのはどんな本なのか。
自分だったら何を置くかなあ。
私の乏しい想像力も湧きたちますw

同じく自分だったら…と考えるのが「お墓の中の本棚」。
本好きなら絶対考えませんか、こういうシチュエーションなら自分は何を入れるかって!
またこの仕組み、自分の好きな本を入れて終わり、ではなく、お墓参りに来てくれた人が「その年オススメの本」を持ってきてくれる交換制っていうのがまたいいですよねえ。
ちょっといいなって思うのは、やっぱり「書店婚」でしょうか。
書店で結婚式を行う、というもの。
まあ現実的に考えたらなかなか一筋縄ではいかなさそうですが(笑)
まずご祝儀が図書券て!
今は図書カードの時代ですよーーー!w
式場代は図書カードでの支払いは可、なのでしょうか(笑)
招待客の立場なら親族並びに上司のご挨拶中、好きな本を楽しめる、というのはいいなw
むしろ普通の式でも採用して欲しいw
「世界一周読書の旅」もいいな~。
私もそんなカプセルで旅がしたいw
私はそこまで集中力はないので、このお話のように何も見なかった! な~んてことはなく、しっかり風景を楽しめると思います(笑)

先にも述べたように、とてもキュートな書店のおじさん。
特にイチオシなのが、「移動本屋さん」の本を探していたおじいさんが久しぶりにその本と再会できたことを喜ぶ場面で、一緒に
「うん!うん!よかったよかった!」
って喜ぶところ!
もうこれは私の乏しい文章力では魅力を伝えきれないので、百聞は一見にしかず、ぜひ実物を見て欲しい!
おじいさんとおじさんの表情、ヨシタケさんの文字、言葉、全てが調和している素敵な場面です。

そしてオチですね!
私こういうオチに弱いんですw
今まで何でも出していたのに。
要するに「ズル」はダメってことですよね。
これだけ色んなアイデアを考えて、一冊の本にまとめているヨシタケさんですもの。
きっと実際には本には描かなかったアイデアは、その何倍もあるんだろうなあ。
そう思うと、自分で一切考えず、他人の褌で相撲をとろうとするようなこの問い合わせには応じられないのは当然です。
ちょっぴり皮肉が効いた、でも全体的にはとっても可愛い大人の絵本。
私を含め、長~く愛される本になるんだろうなあ…w


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。