スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RDG 氷の靴ガラスの靴(荻原 規子)



冬休み明け、泉水子と深行の関係が強まったことを知った真響は「チーム姫神」として不安を抱く。
折しも大がかりなスケート教室が開催されるが、そこに現れたのは真響の従兄弟克巳だった。
彼は、自分こそ真響に最もふさわしい相手だと宣言、彼女に手を差し伸べるのだが…!?
宗田真響の視点で描く、「最終巻」その後の物語。



帯にも書いてありましたが、『RDG』まさかの5年ぶりの新刊です!
5年…その月日に、なんだか眩暈がしそう…。くらくら。
そっかあ…もう5年になるんですねえ。
そう思って自分のブログを辿りましたが、その後コミカライズもされていて、そこからもおよそ3年。
なんだかちょっと、しみじみしました(笑)

このシリーズは大好きで、感想もそれに比例する熱の入れようではありました(笑)
でももう完結したし、荻原先生は新しいシリーズも始められているし。
と思っていたところ、昨年末、とあるブログ記事を読んでいて新刊が出ることを知りました。
もう、びっくり!
慌てて本屋さんに注文に行きまして、発売日より少し遅れて入手しました。
そこで改めて、ああ、本当に出たんだな~と。
この装丁が懐かしく感じられました。

あらすじ的にも真響メインかな、と思っていたのですが、それは中編くらいで、前半はむしろ深行メイン。
とはいえそれは書き下ろしではなく、DVDやプレゼント小冊子(私は外れてしまい、読めず終いのままでした)、コミカライズのおまけなど、既に発表済のものです。
でも、個人的に読めていたのは3作目の「相楽くんは忙しい」のみ。
5年の時は経ってしまいましたが、やっぱりそれでも読めて良かったな。

流石に以前のように、長ったらしい感想は書けませんが、それでもちょこちょこ感想書いてみたいなあと思いまして。
これ以降は「続きを読む」からどうぞ。




「影絵芝居」
こちらは深行が中三、粟谷中に転入した頃のお話。
『RDG』1巻の頃とリンクします。
本編は終始泉水子視点でしたが、深行から見るとこうなんだっていうお話ですね。
1巻の当時は、泉水子も深行も、どっちもどっち、という印象。
今回この外伝が発売されると知って、久しぶりに1巻から6巻までを読み返したのですが、やはり印象は同じでした。
泉水子にも深行にも、どちらもいらいらする(笑)
だけど深行も、泉水子のことなど鼻にも引っかけない、気にしていません、という態度が実は虚勢であったことが判明します。
そこは可愛げが見えてちょっとニヤッとしたのでしたw
あとびっくりたのが、山伏の修行。
峰入りをした、というのは1巻でも泉水子のおじいちゃんが言っていましたが、その内容。
まさか不眠、断食(水含め)、そしてお風呂も歯磨きもNG。
これを9日間行うというのは…絶句。
想像以上の厳しさです。。。


「九月の転校生」
そしてここでも、初っ端から深行の峰入り体験が。
正確には修験後ではありますが、まさかの二日酔い。
峰入り中は断食断水なので、最中に飲んだ訳ではなくて、修行を終えてからの酒盛りかな。
9日飲まず食わず状態でいきなりアルコールは、そりゃ酔うわ~。
宗田家でビールを飲んでケロっとしていたけれど、こういうお酒を経験していたら…まあ、ね。
一人前の男と認められた証だって喜んでいる節もありますしね。
しかし千石さんというお人、名前だけで作中に登場はしたことありませんが、意外とそういうところは大らかなんですね。
野々村さんとかだったら、たとえ峰入りを無事終えたからと言って未成年にお酒飲ませる真似しそうにないイメージなんですが。
数日遅れで無事に鳳城学園に入学した深行。
そこで真響と高柳にも出会います。
三人は中学三年の時はそれぞれ別クラスなんですね。
成績順になるのは高等部からか。
その事は次の短編「相楽くんは忙しい」冒頭ではっきり明記されています。
大学進学の為の措置である、と。
ミスコン関係から真響・高柳両人と少しずつ接触する深行。
結局ミスコンは無事開催したのかな~。
真響が気乗りしない感じだったから、結局有耶無耶かな?
ミスコンって響きに覚えがあって既刊を見返してみたけど、ちゃんと分かんない感じでした。
「性懲りもなく今年もミスコンって言い出す奴が出た」
みたいな事言っている真響さんは4巻で見つけたんですけどね。
それがこのお話の前林くんたちってことですね(笑)


「相楽くんは忙しい」
これは過去に感想を書いているので省きます(感想は、こちら)。



「氷の靴ガラスの靴」
ある意味このお話が一番のメインかな。
なんといっても、一番気になる本編の「その後」ですもの!
あの星降る夜、「黙って」のその後!(笑)
蓋を開けてみれば、真響さん同様、ポーカーフェイスの泉水子さんに「?」ってなりましたよ。
あれ、この子そんな芸当出来るような器用な子だっけ?? って。
結局は自己暗示をかけていた泉水子さん。
さ…流石、予想外というか、斜め上でしたよ…。。。
その後は暗示も解けたようで、普通に赤面したり分かりやすく反応しますが。
でもはっきり「キス」したって言質がとれましたー!
そうですよね、やっぱりあのシーンはそういうことなんですよね。
しかしはっきり荻原作品で「キス」って言葉出て来るとちょっと照れる私がいます(笑)
過去の作品だと「くちづけ」って表現で記されることが多かった気がするので。
でも流石にこの作品でそれは違いますよね(笑)
それは分かっているんです。
真響さんが「ココア」で深行を突っついてくれたので、そこも大変満足w
そこをしつこく突かないのも、引き際を心得ていて大変良い感じ。
校外で行われるスケート教室に戸隠が絡んでいて、真響のお相手探しも含まれていると知った4人。
そこで結局真響のガード(兼お相手目くらまし)を深行が務めることになります。
あっさり深行にその役を託す泉水子さん。
なんだかんだ、真響だけじゃなくて、泉水子さんも真響のことを大事に思っているのがよく分かる。
女の子同士の友情があって、なんだか好きだなあ、この関係性。
深行が随分オープンマインドになってきていてちょっと笑いましたw
ずっと手を握っていられるだけでもスケートは偉大、とかw
甘いシーンにならないのを残念、とかw
甘いシーンを期待していたってことじゃないですかー、それって!
一応まだ真響との仲を戸隠の面々に見せている最中のはずなんですが。
ふふふ。
本当に大学に合格するまで何も無しを貫けるのかな~。
雪政遺伝子を持つ深行さんですもの。
正確にはこのバレンタインの二人きりの時にどんなことになっているのか。
非常~に知りたいです!
ああ、そこだけは真響視点メインで残念。
でも今回完全に真響視点という訳でもなく、ちょいちょい別キャラ視点も入っていたので(泉水子と真夏とか)やっぱりそこは描いて欲しかったかな~。
ピエールマルコリーニとまではいかなくても、美味しいチョコレートが食べたい気分です。。。
さてその真響にも、まさかのお相手が登場…の予感?
そのお相手が、上忍の早川先輩!
…え、唐突ですね。。。
早川先輩といえば、学園祭の実行委員長で、実は戸隠の上忍であったという人物です。
誰よりも真響サイドの人間といえなくもないのですが。
しかし、正直今までフラグらしいフラグもないまま、突然真響が早川先輩を意識しているので、ちょっと戸惑います。
まあ正確には気に掛ける、程度のものなので、ここから真響の気持ちも関係性もどう発展するのか不明なところ。
でも、荻原先生が「この気持ちを無視する真響ではなくなった」とあるので、一波乱ありそうな予感がします。
うん、正直急に早川先輩が候補に躍り出たことにはびっくりしましたが、高柳とかに比べたら全然OKです。
高柳はやっぱり道化くらいならいいのですが、メインになるとやっぱりいけ好かない(笑)
真夏に「ポチ? どうでもいいよ」って言われているくらいが私にとっては丁度いいな。

表紙は今回も酒井駒子さん。
今までは泉水子でしたが、今回は初・真響が表紙です。
お顔はぼかされていますが、凛とした佇まいのある女の子ですね。
最初は後ろにいるのが神獣なのかと思いましたが、よく見ると馬と蛇…かな。
つまり、真夏と真澄なんですね。
三つ子の意味合いかーと納得。
荻原先生のブログも拝見しましたが、今後についての明記はありませんでした。
また数年後とかに、いきなり作品が発表されたりすることもあるかも。
そんなスタンスで気長に待つことにします。
正直、既刊を読み返したら泉水子と深行はもちろん、大人組についても色々読みたいことあるんですよねー。
やっぱり紫子さんは魅力的!
私も以前より5歳年齢を重ねた分、紫子さんへの憧れが芽生えたようです(笑)

とにかく荻原先生、久しぶりの『RDG』届けてくださってありがとうございました!
(あと、荻原先生曰く表紙は馬と龍だそうです。…そうか、龍だったのか)


スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sui

Author:sui
いらっしゃいませ。こちらのブログは管理人のマメでない性格ゆえ、更新はゆっくりめです。
感想は多分にネタバレを含みますので、未読の作品に関してはご注意ください。
思い出した時にでもお立ち寄りくだされば嬉しいです。


コメントやトラックバックなども大変嬉しく、歓迎です。
が、こちらの判断により、削除してしまう場合もあります(例:初めましての間柄でトラックバックのみを行うなど)ので、ご了承ください。

日記、始めました。
『のんびりたまに雑記。』リンクから行けます。
今読んでいる本などちょこちょこ書いていく予定です。
また、web拍手でいただいたコメントも、こちらの方でお返事させていただきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2拍手ランキング
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。